保存BOXに追加
あとで読む
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net

お気に入りに登録
あとで読む

戦略200+・企業活動分析
ザ・コカコーラ カンパニー(2014年)
人気の企業活動分析 無料サンプル はこちらから
2013年12月期決算の総括
2013年12月期連結決算は、売上高468億ドル(約4兆6800億円。前年比2.4%減)、営業利益102億ドル(約1兆200億円。同5.1%減)の減収減益であった。地域別売上はユーラシア&アフリカ、ヨーロッパ、ラテンアメリカで伸びたものの、北米、太平洋では売上を落とした。営業利益はどの地域でも伸びておらず、かろうじてラテンアメリカがプラスとなった。
2008年に策定された「Vision 2020」(2020年までに売り上げを2倍にする)は、現在も継続中である。2013年度の売上は、2007年と比較すると1.6倍と目標に近づきつつある。重点戦略である、メガブランドを30ブランドに拡大し、新興国の市場を掘り起こすことは可能であろう。大きな課題は、北米市場の再生であり、目標実現の足かせになる可能性をもっている。

【最新版 293kb・2014.07.28 新規】
ザ・コカコーラ カンパニー
企業活動分析
更新状況
14年
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
戦略200+・企業活動分析「ザ・コカコーラ カンパニー」
戦略200+・企業活動分析

 本コンテンツの全文は、メンバーシップサービスでのご提供となっております。
 以降の閲覧には会員サービスご登録が必要です。


会員登録のご案内
比較ケースから学ぶ戦略経営
page top

JMR生活総合研究所マーケティングサイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2014 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.