保存BOXに追加
あとで読む
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本最大級のマーケティングサイト J-marketing.net

お気に入りに登録
あとで読む

戦略200+・企業活動分析
株式会社マツモトキヨシホールディングス(2014年)
人気の企業活動分析 無料サンプル はこちらから
2014年3月期決算の総括
マツモトキヨシホールディングスの2014年3月期決算は、売上高4,954億円(前期比8.6%増)、営業利益224億円(同14.0%増)、経常利益245億円(同13.1%増)、当期純利益134億円(同18.5%増)と、売上高及び各利益とも過去最高となった。小商圏化する市場への対応として、各地域での競争優位性を確保すべく全国を7つのエリアに分け、エリアドミナント戦略を積極的に推進するとともに、ターゲット別のライフスタイルの変化に対応したMD戦略の再構築など、地域に密着した「かかりつけの薬局」として、企業価値の向上とシェア拡大に向け取り組んだ。関東エリアを中心にエリアドミナント化を推進するとともに、商圏拡大に向け新たなエリアへ侵攻、九州エリアを中心にスクラップ&ビルドを積極的に推し進め、グループ102店舗(FC2店舗を含む)を出店し、70店舗を閉鎖、94店舗の改装を実施した。さらにM&Aによりグループ店舗数は、1,486店舗(前期末比96店舗増)になった。2016年3月期には、業界シェア10%、グループ店舗2,000店舗、長期には1兆円を目指す。

【最新版 295kb・2014.07.31 新規】
マツモトキヨシHD
企業活動分析
更新状況
14年
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
戦略200+・企業活動分析「マツモトキヨシホールディングス」
戦略200+・企業活動分析

 本コンテンツの全文は、メンバーシップサービスでのご提供となっております。
 以降の閲覧には会員サービスご登録が必要です。


会員登録のご案内
比較ケースから学ぶ戦略経営
page top

JMR生活総合研究所マーケティングサイトに掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。著作権はJMR生活総合研究所に属します。

Copyright (c) 1997-2014 Japan Consumer Marketing Research Institute. All rights reserved.